カテゴリ:
食器洗い用に長年愛用しているのが、
「ひろりんたわし」という、布製のもの。
東京のアナザーキッチンで売られていて、買ったの
だと思う。布なので、洗濯もできて便利です。
ちょっとした汚れなら石けんいらず♪

あまりにも長年使っているので、そろそろ
新しいものが欲しいなあと思い、ネットで
検索したら、昨年で生産終了になってしまった
ことを知りました。
「残りわずか」と書かれてあったので、必要な
分を慌てて注文。すぐに届いたよ。よかった~。

”ひろりん村”は岐阜にあるそうです。名古屋に
いたころは、ときどきお店に売られているのも
見ました。これ、本当によく落ちるのよ。
生産終了なのは残念!

必要な方は、急いで!
ひろりん村さんのサイト
汚れたら洗濯できるのも嬉しい。乾きも早いよ。
個人的には小サイズがオススメ。

カテゴリ:
昨日は、子どもへの言いかけで、うまくいった
ことを書きました。
今日は未だ、できていないことについて。

うちの息子さん、言っても言っても
洋服を反対向けに来てしまうのです。
首のタグが前に来ていることは、ほぼ毎日。
ズボンはかなりの確率で前後を反対に着る。
ひどいときには、靴下の踵が足の甲に来てい
ます。ワンポイントを正しくなんて、とんでもない。

ま、考えてみたら、
首のちっちゃいタグを見て、服の前後を判断
しろというのも、難しい話だろうなーと思いました。
園では、前後が区別しやすいように、トレーナー
やズボンに、ボタンやアップリケで目印をつける
ように言われています。
(最初は服に”まえ””うしろ”と書いていたら、
「字ばっかり読んでて着られません」と言われた)

それでも、しょっちゅう反対に着る。
んもう毎日
「『さかさまに着よう』と思って着てみい」
と、言いたくなるくらいです。

小学校では、自分で着替えなければいけない
ことも多い。着替える時間にも制限がある。
何かいい対策はないものでしょうか、と週末
子どもの発達にも詳しい、心理の先生に
相談しました。

そうしたら、意外な答えが返ってきた。
「Tシャツは、前後どっちになっても
おかしく見えないデザインを選んで、
タグを外しましょう。
見ている人が『そういうデザインなのね』と
思えるようなもので。
しばらくは”ズボンだけ正しくはこう”などと、
がんばるポイントを一つに絞ってみましょう」
そうかー。

今どうしても変えられないものは、こっちの
気持ちが変えられるようなものにする。
相手や自分の心理を変えようとするのではなく、
物理的なチェンジが必要なようです。


ここのカウンセリングルーム通いが定着している
理由のひとつに、
「具体的にどうすればいいのかを教えてくれる」
というのがある。

前、ラジオで言っていた。
雑談が苦手なかたが、雑談マニュアルを作る際に
「”精神論”は要らんねん」
と思われたのだとか。
欲しいのは、何をすればいいかが書かれてある
「レシピ」だと。これには、なるほど!と思いました。

(この方、「会話のきっかけレシピ」というサイトを
作られています。とても絵が可愛らしく分かりやす
い。書籍になれば、息子にプレゼントしたい)

去年、何ともかんともストレスが溜まったときに
こちらの先生に「カイロを使ってお腹周辺を温めて
みては」と言われ、すんなりと納得できたのです。
「失敗を気にしないように」や「常に○○という気分で」
というよりも、行動で対策を教えてくれるほうが
分かりやすいんですよね。


子ども用で、前後どっちに来ても大丈夫そうな服。
どこかに売ってるかなあ。

おやつチケット大作戦

カテゴリ:

言っても言っても、使用済みの給食用お箸セットを
カバンから出してくれない人・・・
なので、お箸セットそのものを
おやつチケットにしました。
oyatuken
本当は、ラミネート加工したカードにしたかったけど、
それだと、遊んで失くされてしまうのが確実なので。
マスキングテープで箸セットに直接つけたよ。

これだと、おやつちょーだい!と言ったときに
「チケットお出しください~」
で、すむのです。
おやつは毎日いるから、チケットも毎日出してくる。
「給食セット出して!」と大きい声で言わなくてすむ。


何年か前
「履き物を揃えて」と言うよりも、
「靴は前向き駐車でお願いしまーす」と言うと
すんなりと脱いだ靴を揃えてくれるように
なったことがありました。
内心、ヘンな言い方!と思いつつ、
ずっと前向き駐車、と言い続けていたら
小学校の就学面接のとき、自分から
「前向きちゅーしゃね」と靴を揃えていた!
このときは、息子よくやったぞ、と
たくさん誉めたのでした。

ずっと、「○○して!」「○○しなさい」と言うのも
言われるのも、疲れるもの・・・
お互いが楽しめて、しんどくない方法を日々、
研究中です。
他の人にはちょっと変に見えるけどね。

このページのトップヘ

見出し画像
×