カテゴリ:

家のプリンターが動かなくなりました。
理由は簡単。エコインクのカートリッジ
を使ったせいです。一つがインク切れに
なると、そこを替えるまで動かなくなる
とは・・・
安い互換インクを使ったのは初めてで
した。純正品と違って、インク情報が
まったく表示されないんです。

とはいえ、純正インクも高価です。
もともとそれほどプリンターを使用しない
我が家。たまにスイッチをつけたときには、
がっしょんがっしょん・・・と準備に時間がか
かります。こっちは1枚コピーしたいだけ
やねん!とイライラ。
そして、わずか数枚しか印刷していない
うちにインクが無くなっている気がする。
もう、蒸発しているとしか思えないくらい
です。納得いかんわー。

プリンターそのものを替えようと、
家電屋を覗きに行ったものの、どの
メーカーも大差ないですよ、というお店の
人が教えてくれました。
唯一、ブラザーのプリンターは4色インク
でコスト的にはいいです、と言われたよ。
店を見渡してみると、
「今日と明日はブラザープリンターが
安い!」と広告が・・・ひょっとしてこの店、
ブラザーのプリンターを売りたいだけ
なのでは??

結局、買い替えはもう少し待って、今
持っているプリンターの純正インクを
買うことになりそうです。
今のプリンターが壊れているわけでは
ないからね。
うーん。インクのランニングコストに
ストレスを感じないプリンターって
ないのでしょうか。

自宅コピー、昔は夢のようでした。
ファックスのコピー機能が、かろうじて
使えた程度。友達が貸してくれるCDの
歌詞カードなどを、たまに詰まらせながら
もコピーしていたものです。
紙、感熱紙だったりしたのに。あれで
よく満足していたよなあ。

コンビニのコピー機能も今は進んで
いるし、写真はよそで現像してもらって
いるし。
ひょっとしたら、プリンターってそこまで
必要ないものなのかなあ、とも思ったり
しています。

抱っこし合って熟れている

カテゴリ:
子ども、よく学校から
野菜や果物などを持ち帰ってきます。
昨日持って帰ってきたのは、びわ。
学校にできたらしい。

好きな果物の一つなのですが・・・
びわって、種が大きくていまいち
「食べた!」感がない。
皮をむくと、黒くなってしまい
すぐに食べないといけなかったり。
そこでゆうべ、白ワインと砂糖で
コンポートにしてみました。
すると、このまま食べるのが惜しく
なってきて。
タルトの額に入れることにしました。
biwatart
学校のびわとブルーベリーのタルト
小麦〇 卵× 乳×
コンポート用に白砂糖少量使用

びわをブルーベリーの中に
散らしてもよかったのだけれど、
形がかわいいのと、味や色が
負けてしまいそうなので
ぐるりと飾りました。
たまに割れたり欠けたりしている
びわがあるのは、ご愛嬌。

夏は苦手ですが、
おいしい果物がたくさん味わえるのは
嬉しいですね。

カテゴリ:
我が家一応、阪神タイガースのファンです。
一応、というのは、それほど熱心ではない
から。夫は小さいころ、阪神以外にも
近鉄バファローズの帽子や西武ライオンズ
の帽子をかぶったりもしていたらしい。
わたしも、名古屋にいたころは中日ドラゴンズ
の優勝セールには大変お世話になりました。
”にわか”に毛のはえた程度の阪神ファン。

最近、阪神まあまあ調子いいよね、という
話をしたら、夫は決まって
「まあ見ててみ、そのうち勝てなくなる
時がくるで」
みたいなことを言うのです。
阪神ファンはこんなことを言う人が多い
ような気がする。これまでの経験上なの
か、勝っても手放しで喜ばない人が多い。

いっぽう。
巨人が負け続けていることに対し
「巨人もあれだけ負けるねんなー」
みたいなことを言ったら、決まって
「いやいや、どうせ巨人のことやから
そのうち勝ち続けるんやで。
いま、たくさん負けてもらわんと」
みたいなことを言うのです。
よそのチームに関しては、すぐに勝つ
想像ができている。
これまた、阪神ファンに多い発想。
不思議なものです。

この、多くの阪神ファンが抱きがちな
考え方、他のことで応用できないか
なーと考えるのです。
例えば。
今はとにかく2020年の東京五輪に向
かって、流れができています。
2020年やその少し前を目途に、いろいろ
なことが決まっていく。
新しい建物ができたりするのもいい
ことなのかもしれないけれど、気になる
のは、オリンピック後のこと。
めちゃくちゃ景気が悪くなったりするの
ではないだろうか。

心配症な阪神ファンみたいな人が
偉いさんにいて、
「どうせ、すぐ景気落ち込むんでしょ。
だから今のうちに五輪後に備えよう」
と、オリンピックの後のことを
考えてくれたらなーと思います。

たぶん、本当に景気は
オリンピック後に落ちると思う。
そのときは
「どうせまた上がるって」
と、考えないといけませんね。

個人的には、オリンピックのまぶしさに
目がくらんではいけないなあって思い
ます。目くらましのオリンピックなら、開
催しないほうがいい。もしくは、日本が
”環境にすんごく優しい国”みたいないい
モデルになってから、開催したほうが
いいような気がする。

ふわふわしている間に、いろんなことが
決まって行きます。
何が決められているのかは、しっかり
見ておかなければ。

このページのトップヘ

見出し画像
×