小さなごほうび

カテゴリ:
今年はPTAやってまして、その一つめの
仕事が今日、無事終わりました。
はー、すんだすんだ。

本当なら、終わった後には
「やった~頑張ったぞ!」と嬉しい
ごほうびでも考えるところでした。
が、今日のイベント中で、自分、しっかり
ミスしてしまいまして。
なので、ごほうびも小さく。
コンビニのコーヒーです。
coffee
講師を呼んでのイベントで、最後に
挨拶するとき先生の名前を間違えた!
間違えるなー!と思っていて間違えた。
わたし絶対、司会とかできないタイプ・・・。

終了後は、秋に向けての話し合い。
今度は日帰りバス旅行です。
次も(は)がんばろう~。

落ち着きアイテム、マインドマップ

カテゴリ:
今朝、学校を出る10分ほど前に
いろんなことがあり、息子が落ち着か
なくなってしまいました。
数分前までは「交流会(色んな学年の
子が支援学級にやってきて一緒に遊ぶ
らしい。その会のこと)楽しみだなー」と
言っていた人が、瞬間で大泣きして
吐いて、それがまた泣きを呼ぶ。
しゃーないな。

白い紙とその辺にあったペンで
聞き取り調査をしながら
ざっくりマインドマップにして
ochituki
こんな具合(再現)
マインドマップとしては微妙に間違っている部分多いです
子どもに持たせ、学校に行かせました。
相変わらずベソ顔でしたが、たまたま
校門にいらしたのが、知っている先生で
一緒に教室まで連れて行ってくれました。

なぜマインドマップかと言うと、本人が
最近になってマインドマップに興味を
持つようになったこともあり。
ふだん使いのマインドマップ 描くだけで毎日がハッピーになる [ 矢嶋美由希 ]
ふだん使いのマインドマップ 描くだけで毎日がハッピーになる [ 矢嶋美由希 ]
↑著者の矢嶋先生に4年くらい前
マインドマップを習った際、
「21日間連続してマップを描く」という宿題が出て。
母が描いている横でずっと見ていた人が、
ついこの間「お母さんこんなのかいてたよね」と、
見よう見まねで描き出したのです。
宿題の効果は4年後に出た。びっくり!

これを持って行けば、学校の先生に
少しは解ってもらえるかなと
(この適当マップで伝わるかは疑問ですが)。

落ち着かなくなること、まだまだ多いです。
いつでもこういうものが書けるように、100均
で携帯用のホワイトボードなどを買おうと
思っていましたが、紙に書いたほうが
あとあと残って行くので、見返せていいの
かもしれないね。

カテゴリ:
と、思うようになりました。
息子のおかげです。

意味のない言葉を繰り返しつぶやくのは、
不安な気持ちをやわらげようとしているから。
数字や色の羅列が好きなのは、それが
規則的で落ち着くから。

世の中、色んな人が
一見不思議で不可解な行動をとるのも
それに何かしらの理由があるのだと
思うのです。
夜の駅に、一人で怒り続けるオッチャンが
いたりするけど、それも、その人なりに
理由があって。
そうせずには、いられないのかもしれない。
もしくは、その行動をとりながらも
「どうしてこんなことをしちゃうのだろう、俺」
と、困っているのかもしれない。

最近、ネットのツイートやブログ、つぶやきに
「こんなやつはバカ」
みたいに、他の人の行動をとりあげて
批判する人がいるけれど。
アナタの常識は、他の人にとっては
そうではないのかもしれません。
たとえ、その行動が
多数の人にとって「迷惑だ」と思われる
行動だとしても、人の存在は否定せず
行動に対し「こういったことはワタシは困る
から、しないでね」と言ったらいいんじゃ
ないかなあ。

(ついでに、”バカ”って言わないで。
関西人は相当へこたれる。
”アホ”は、2音目にイントネーションが
来たら可。”クズ”は不可。
あくまで自分基準です)

そんなことを思って、
日々、広い心でいようとはおりますが。
今日電車の中にいた人が妙な行動を
していて、胸騒ぎがしました。

若い中年、という感じの男の人でした。
見かけも普通です。
ブツブツと一人ごとをつぶやいたり、
舌打ちをしたりしてもいません。
身なりも小ぎれいです。

ただ、唯一違和感があったのは、その人
乗ってから、ずっと車内一両の端から
反対側の端までを行ったりきたりしていたこと。
6往復くらいしたところで、電車が終点の
駅に到着したのですが、直前で電車が
減速してからも、この人は車両の中を
ずっと歩いて往復していたのでした。

乗客も、一部の人が不思議そうな顔を
して様子を見ていた。
子連れのお母さん一人は、その人に
気付いてから、眉毛が困った形に
なっていました。

・・・この人を傷つけずに、なぜそのような
ことをするのかを聞き出すには、
『探偵ナイトスクープ』の探偵さんにでも
お願いするしかないのかもしれません。

このページのトップヘ

見出し画像
×