カテゴリ:

今日は、終戦記念日です。
平和はすべての生活の礎。その気持ちは
揺らいではなりません。

音楽を作ったり歌ったりできる人は
こういうことをメロディーに乗せて
表現できるのがうらやましい。
絵画が上手な人、映画を作ることができ
る人、本を書ける人も、こういうのを表現
できるのでうらやましい。

自分には何ができるでしょうか。
最近考えています。
家族にごはんとおやつ作るくらいか。

今日以外にも、もっと
平和は大事だー!
と考えられる日があってもいいのにな。
宗派やら何やらを飛び越えて。

真夏のスパイスカリー

カテゴリ:
夫は休み。子どもはデイサービスなので、
カレーを食べに行きました。
行ったのは、Rogspa(ロクパ)。
ずっと↑これがお店の名前だと思っていた。
この場所全体の名称がロクパ さんで、
カレー屋さんは「スパイスカリー883」
という屋号なのだそうな。

スパイスがたっぷりきいたカレーを
3種類、大きいお皿に出して
持ってきてくれます。
カレーは選ぶことはできません。
ランチもカレープレート一種類のみ!
tokk
今駅にある阪急電車のミニコミ誌に
掲載されたお店で、
トップの写真と出てきたカレーが
お皿も一緒だった。

この日は、
・手羽元の和風出汁カリー
・花山椒の辛口チキンキーマカリー
・レンズ豆とひよこ豆のカリー でした。
手羽元のほうが、食べた瞬間辛くて
花山椒のが後から来る辛さ。
要するに・・・・・・辛い!
(豆カレーだけがマイルド)

でも、ビリビリとしながらも、
なんだかつい食べてしまう。
癖になりそうな味です。
アジア系の辛さでは、タイ料理の
「酸っぱ辛い」のや、日本の「唐辛子
辛い」のは苦手です。
でも、こちらのは不思議と大丈夫。

あっつい夏に、めいっぱい汗を
かいた休日のカレーランチでした。

カテゴリ:
先月、パン作りの教室に参加したときのこと。

受講生がそれぞれ、パンの生地をこねる
機会がありました。頻繁に教室に参加されて
いるベテランのかたもいれば、わたしの様に
教室に初めて参加する人もいた。

なかでも、自分の生地のこね方はかなり
ヘンテコリンだったようで。そばで見ていた
先生に「我流だねえ」とびっくりされるほど
でした。
ただ、その後、先生はこんなことを言われ
たのです。

「でもね、自己流でもいいんですよ。
山頂を目指せばいいのです。
てっぺんへの道は決して、
一つとは限らない」
パンの講座でこんな名言を耳にするとは
思わなかった。

山頂(目標など)を目指して、
どうするといいのかを考え、行動に
実践することが
「努力」なのではないかな、と思う。

「努力は人を裏切ると心得よ」と言った
のは、かの水木しげるさん。
そうだそうだ!と賛同する人もいる。
ただ、こういうことは、色々なことを経験
された水木しげるさんだから、言っても
いいことなのではないかな。
少なくとも、小学生のいるお母さんが
子どもに言っていいことばとは思わない。

(なお、この水木さんのことばには
「・・・努力に見合うお金はなかなか得られ
ない。だからと言って、絶望したり悲観
したりしてはならない。ただ努力しましょう。」
という”努力の重要性”を説いた という説も
あるそうです)

今の世の中、努力してもなかなかそれを
見てもらうことができません。
結果しか見てもらえない。
そんな世の中だからこそ・・・
自分は、誰か努力していることに
注目できる人になりたいなあ。
そんなことを、先生が言われたの夜に
一人で考えたのでした。

自己流でこねたパンの生地も
うまく膨らんでくれて、おいしい
パンが焼けましたよ。
よかった。

このページのトップヘ

見出し画像
×