続くブログのために:タイトルには、こだわらない。

カテゴリ:
ブログは、始めたら続けるのがいい!と
思っています。
カリスマ主婦みたいな人とか、芸能人が
するんだったら、とぎれとぎれでいいんです。
ただ、フツーの人が、たまにしか更新しない
ブログをしても、それほど見てもらえない。

毎日がしんどい人は、せめて週1日 などと
決めて、毎週火曜日に更新 などにするのも
一つの手。
ただ、その日に休んでしまったりしたら
一気に読者は減る。休むくらいなら、時間の
ある日に更新しておいて、予約しておくとか。


さて、ブログに必須なものと言えば
タイトル です。今や、仮にでもタイトルを
つけないと更新ボタンが作動できなくなって
います。
ブログはじめたばかりのころ、苦戦しました。
本文は書けても、いい題が思いつかない。
結局、それで「今日は更新やめとこう」と
あきらめたりもしたものです。

毎日続けるブログにおいては、それほど
タイトル付けに頑張らなくてもいいと思うん
ですよ。本文の内容とかけ離れていすぎ
なければOK。

ただし、例外があって。
タイトル付けを頑張る必要のあるブログもある
と思う。ほら、よくあるじゃないですか。
ブログの文の最初のところで、毎回同じ
フレーズ(以下「肩書き」と表現します)を
固定で導入されてるかた。

(例)
「 こんにちは。
  ●●のメソッドに沿った~セラピーで、
  ママと赤ちゃんを元気に♪
  ▲▲駅すぐのサロン、
  赤ちゃん連れ大歓迎♡
  ××教室のオーナー、△△です(^^) 


  昨日、家族で◇◇に行きました!(後略)」

肩書きが長ければ長いほど、
ブログのタイトル付けは意識したほうがいい。

理由。
フェイスブックなどのSNSで、オートリンク
(ブログを更新した際に、自動的にSNS上に
「ブログを更新しました」と表示されること)を
貼ったときに、本文の内容が何文字か表示
されるのですが、

 face
↑何日か前の自分のフェイスブックのオートリンク
タイトル・写真と共に、100字程度のブログ本文
の内容が表示されます。
最初の肩書きがあると、この部分が毎回
同じになってしまうのですよ。

肩書きのあるブログの場合、SNSを見ている
人が「このブログ見てみよう!」と思ってもら
えるためには、
タイトル(もしくは写真)をキャッチ―なものに
しないといけないわけです。

(個人的には、ブログの画面を繰る手間を
省くためにも、こういった肩書きはブログ
本文の最後に持ってくる、あるいは
サイドバーに表示してあるといいと思う)

こういうことを書くと
「ブログって大変やなー」と思う人が
多くなりそう。
でも、続けると、いいことはたくさんあるし
便利なことも多いです。

最近、自分の行動を振り返り、
「えーとあれっていつやっけ」と思ったときに
自分のブログをキーワード検索することも・・・

ブログを書きたい人は、とりあえず、続けて
みる。何年も過ぎたころ、効果を実感しますので!

トランプ三者三様。

カテゴリ:
先週、ボードゲームの会に参加し
よっしゃわたしも子どもらと遊ぶぞ~!と、
手始めに100均でトランプを買いまして。
さっそく週末、遊んでみました。

ところが、対戦相手の一人は
いろいろ問題のある8歳児。ババ抜きを
しようにも、一筋縄ではいきまへん。
trump
いっぽう、姪はそれなりに知恵がある。
ただし悪知恵。
trump1
2枚から1枚を引かせる場合、相手が困る
カードを強制的に引かせる暴挙に出る始末。

そんなこんなで、ババ抜きやっても
大人はあまり面白くないので、手品に変更。

試しに「カードを1枚ひいて覚えてね。後で
当てるから」と、姪に定番のカードマジック
を見せて、後でタネを明かすと
「私もやる!」と大喜び。
ところが・・・
trump3
・・・ギャラリーの8歳が
手品の主旨を全く理解していなかった。

それでも、あきらめずに
そばにいた祖父に手品を披露する姪。
trump4
・・・ネタばればれでんがな。

それを見ていた祖父(わたしの父)が
貸してみ!と交替するも、
trump5
確率1/52 !?
76歳のトランプ手品は、なかなか
客の引いたカードを当てることが
できなかった・・・・・・

なかなか思うようにいかない、子どもとの
カード遊びですが、めげずにお正月も
遊んでみようと思います。

のどぐろ堪能

カテゴリ:

先週、夫が北陸に出張に行ってまして、
本人より先にお土産が家に着いた。
ndgr
のどぐろの干したの!

仕事で行っているので、毎回こんな
立派なお土産があるわけではありません。
広島に行ったときは、もみじ饅頭1こずつ
とか。子ども用に、仕事でもらってきた
エレベーターのカタログっていうときも
ありました。今回だけ特別に、のどぐろ。
のどぐろ食べたい言うててよかったわ。

比較的小さいのだと、生協のカタログから
注文できたりもするのだけど、
大きいのがなかなかない。
旦那が帰ってきてから焼いて堪能しました。
油めっちゃのってるー。

子どももたびたびつまみに来ていた。
小さい人でもおいしいのって分かるよねえ。
ndgr1
ほじくっていたら、”鯛の鯛”らしき骨を発見!
初めて見た。のどぐろの鯛、本当に魚の
ように見える骨です。幸運来るかしら。

やっぱり、本場の魚はおいしい。
次は、ぶりしゃぶがしてみたいです
(たぶん無理)。

このページのトップヘ

見出し画像
×