カテゴリ:

寒くなってくると、隣で寝ている子どもの足が
いつもこちらの布団に入ってきます。
何かの触手?触角?のようにもぐりこんでくる。
朝2時ごろにもぞもぞされると、母は、寝ていても
起きてしまうのです。一方の子どもは、動くのは
足だけで、そこ以外はしっかり寝ている。
あの足センサー、一体何なんでしょうね。

最近は夫がいないことも多いので、
「布団一つ空いてるし広々と寝ようよー」
と、息子に言ってみるのですが、
気が付いたらこっちの布団に潜り込んで
寝ている。たまらなくなって、空いているほうの
布団に移動すると、しばらくしてからヤツも移動
してくる・・・なんでや。


夜は必ず、大人が一緒に寝ないと寝てくれません。
もっと前は、
「大人は夜にしたいことが多いのに・・・」
と思っていたりもしましたが、今は諦めて寝る
ことが多いです。
(その分、やりたいことを朝の3時や4時にしています)

最近は怖い夢を見ることも多いみたいで、布団に
入るなり
「こわいゆめ、みちゃうから。抱っこでねたい」
とか細い声を出すので、ついつい
一緒の布団で寝かしてしまうのでした。

子どもって、いつになったら
親と別々に寝てくれるのでしょうかね。
その時が早く来てほしいような、そうでも
ないような。