カテゴリ:
おととい、新しい支援施設の体験で
子どもが不在にしている間、
梅田に行きました。
春休み中、一人になれるのは貴重なので
百貨店に入り、着物の階でステキな着物を
見て、目に栄養を蓄えたところで(見てるだ
けってことですね)、
着物が売られている下の階に、期間限定の
雑貨店があるのを発見しました。

障がいのある方が作った作品のなかでも、
センスのいいものを、たくさん売られている
スペースです。
このお店→マジェルカ さん
この日まで、期間限定で
百貨店に出店されていたのでした。

以前、本で見かけた
スタジオクーカ の”なっとうポーチ”が
置かれていたのをきっかけに、
しばらくの間、並べられている商品に
見入ってしまいました。

障がいがある方の作られるものって、
今は、センスのあるものが多い。
悩んで、わたしが買ったものは
パン(ミニチュア)のブローチです。
pan
コロネのパンから、
チョコがちろっと出てくるのが
めちゃくちゃリアル・・・
大きさは、どちらも3センチくらい。

会計をするときに、販売をされていた方と
少しだけお話をすることができました。
この方も、やはり障がいを持ったお子さん
がおられるということ。
こちらの事情を話すと、お互い頑張りましょ
うね、と言ってくださいました。

この手の作品を作られる方は、作業的に
作ってるわけではありません。
本気で「売れるものを!」と思って、作って
おられるのだそう。障がいがあることに
甘えていない。皆さんクリエイターなんです
よね。

本気なのが分かるから、こっちも手に取っ
てみたくなる。
また、作業でやってないことが分かるから、
自分の子どもにも、こういうのが作る将来が
あるかもなー、あってもいいなぁなどと
思ってしまいます。

励ましてくださったお店の方に
「障がいのあるママにしては、
笑顔が多いですね」
と言われた自分。
嬉しい反面、ちょっと複雑です。
こう言われるってことは、自分みたいに
笑ってる親御さんが
少ないってことか・・・・・・

マジェルカさん、吉祥寺のお店です。
あーもう少し早く知っていれば、今月
行ってたのに!