カテゴリ:
前々からお伝えしていた
ログオフ(アナログオフ)の明石ノート会は
今度の日曜なので、そろそろ参加者さん
締め切りますね。
お盆休みにZINEを作りました♪
(ZINEはMagazineから来ています。
小冊子のような手作り本です。
手帳についてのZINEなので『手帖人』。)
来られる方、気を付けていらしてくださいね。
お待ちしています。


今日は、甲子園球場に行ってきました。
子どものいない日で少し曇っている日・・・
となれば、今日しかなかった。
電車は乗換が必要、バスは本数が少ない
ため自転車で。汗はめちゃくちゃかいた
けど、それほどしんどくなかったです。

観たのは、天理 対 広陵の準決勝。
自転車置き場に近い外野席の入口からは
一塁側・・・天理の応援団に近く、座った席も
全体的に天理寄りの雰囲気。
個人的には、どっちを応援するわけでは
なかったのです。奈良と広島、いずれも
兵庫の隣の隣の県やし。同じ関西の
奈良・天理と、タイガースの金本監督の
出身高校の広陵。
どちらも勝ってほしかった。

わたし、実はあまり野球に詳しくありません。
ラジオの実況でも聞きながらでないと、何が
どうなったかが分からない。
アウトなのかボールなのかは、スコアボードを
見たら分かるけど、塁に何人のランナーが
いるのかは分かりにくかったです。
あと、ボールがすぐ見えなくなる。ホームラン
は、周りの状況から判断しました。
家に戻って、広陵の選手が大きな記録を
出していたことが判明。
イヤホンラジオ持って行ってたら良かったな。

テレビの中継がいかに試合の流れを
分かりやすく見せているのかがよく理解
できました。

ただ。
試合の終盤、第二試合の準備をしていた
花咲徳栄高校の応援団が、天理高校を
熱心に応援していたことや、
かちわり今日は売れないっすね、やばい
ですよ~!とお客さんとしゃべりながらも
元気な売り子のお姉さん。
また、売店からただよってくる焼き鳥だの
唐揚げだののかぐわしい香り、などは
テレビを見ているだけではなかなか
体験できないことですね。
tenri
試合が終わった直後の天理ナイン

常に先を走って追随を許さなかった広陵と、
あきらめず、最後の一人まで見せ場作った天理。
両チームともすごかったです。
いやー、いいもの見せてもらいました。
ありがとう。