アーカイブ

2015年11月

手ベタベタなし、柿チップス

カテゴリ:
実家で、また柿をもらってきました。
今年2回目の和歌山からの秋の味です。
今回のほうが、前のよりもしゃくしゃくで
おいしい~。

ところで。
柿で、やってみたいことがあったのでした。
3月の手帳マスターコースに、九州から
参加された方がいらっしゃったのですが。
その方が柿を薄くスライスして干したお菓子
を持って来てくださっていて。
それが、何とも美味しかったのです。

作ってみたい!と思い、調べてみたところ
「柿チップス」なるものが、そこそこ簡単に
作れそうと判明しました。
柿を薄く切って、天日に干すか
オーブンの低温にかけるだけ。

昨日は、オーブンで焼いてみたよ。
低温で1時間くらいじっくり焼きました。
kaki-chips
ちょっと焦げましたが、このくらいでないと
パリパリにならなかった。
わたしが作ったら、落ち葉みたいになって
しまいました。

味はおいしい。甘さが凝縮された感じです。
焦げていないのは、パリッとはしませんでしたが
乾燥しているので手が汚れません。
子どもにとって、それほどテンションの上がる
果物ではない柿。これなら食べてもらえそう。

3月に見たものは、パリッとはしておらず
もう少し色が鮮やかな”ドライマンゴー”状の
ものだったような・・・
なので、別の柿をスライスし、今朝から
冷蔵庫の中で干しています。

柿、二日酔いにも効果あるみたいですよ。
これからの季節にもいいかも!

カテゴリ:
先週のファッション診断を受けて、自分の持って
いる洋服の数を、減らすことができそうな気が
しています。嬉しいです。

台所にあったかなりの食器は、先月
アナザーキッチンさんに引き取っていただきました。
一度使用した、数が不揃いな食器って
かわいらしいものでも、バザーなどでは
引き取ってもらえず。
どうしたらええねん!と困っていたところの
「食器引き取ります」との、ありがたい申し出
でした。段ボールいっぱいに詰め、すぐに
送りました。

そのとき食器棚を一掃して驚いた。
三人家族なのに急須が4つもある・・・・・・
結婚して11年、ずっと、我が家には急須が
4つも居続けたのです。何てこった。
そのスペースに、コップの一つでも置けた
だろうに。

ものを減らして、スッキリすると
気分が軽くなるような気がしています。


このごろでは何かとブームのこの作業ですが、
個人的にはなるべく「断捨離」と言わないように
しています。ブームで終わらせたくないので・・・
言うときは普通に「捨てる」って言うかな。
「ものを選ぶ」もいいね。

「断」「捨」「離」も結婚式では使われない動詞。
明るく前向きに、家のものを減らしていこうと
思っています。

カテゴリ:
朝から実家で、
両親の年賀はがきの印刷作業をしました。


うちでは、母と父が別のデザインのものに
したがるので、それぞれ1種類ずつ。
さらに母の仕事用に2種類。計4種類の
年賀はがきを、せっせと作成しました。
無事、プリンターのご機嫌を損ねることなく
午前中で完成。

もうちょっと文字をずらして~、とか
色はもう少し明るい感じで~、などといった
依頼者の要望の通りに作るのは
なかなか大変です。

それでも、頼まれて年賀状を作るというのは、
今年も何だかんだいいつつ、1年過ごせたと
いうことなのね、と、
親の無事をありがたくも思うのでありました。


お昼ごはんに、実家で用意してくれた
温かいおそばをいただく。
そばをすすり、年賀状を見ていたら、
あー今年も今日で終わりかー。と、つい
思ってしまいます。いけないいけない。
まだ、忙しい1か月が残っていますね。

明石で手帳カフェでした

カテゴリ:
今日は、明石で手帳カフェでした。
techoucafe
懐かしのサインボードを手帳カフェ用に変えた

みなさんの手帳話を聞きながら、
あ、それ、来年の手帳で真似しよう!と
思い、あれこれとメモさせてもらいました。

今回の目からウロコ賞。
100円ショップに売られている、
ネクタイ用の携帯ホルダーを
マステホルダーにされていた方が!
techou2
中にプラの芯が通せるのがポイント
フタを閉めればホコリ知らず♪
techou1
ほらね。大きさもピッタリですよ。

今回の手帳カフェ。開催した喫茶店の
隣には”ナガサワ文具”という神戸の文具屋が
あり、同じビル内にはダイソーがあった。
欲しいものをすぐに買ってこられそうな
手帳カフェでした・・・。

参加して下さったかた、
どうもありがとうございました。
来年も手帳を手に、お会いしましょう!

「とりあえずチョコ」は、分析せよ

カテゴリ:
先週、仕事が済んだかと思えば、再び仕事が
入ってきて、また机に向かっています。

そして、この間も書いたけれど
仕事を始めると食べたくなるのが
チョコレート味のもの。どうしてだろう。

昨日のおやつ。
ゆるベジの「アーモンドチョコケーキ」を
作りたかったものの、粒のアーモンドが
うちになく・・・かわりに、前コストコで買った
アーモンドが練りごま状になったものが
あったので、これを使用。
大サイズで使い切れなかったから、ちょうど
よかったよ。

アーモンドペーストと米粉とココア、
ベーキングパウダーと、柿ペースト
(柿をミキサーにかけて少しだけ煮詰めた)
をフードプロセッサーでガー。
見た感じ、クッキーが作れそうなので
半量はそのまま。
残りの半量には豆乳を混ぜてケーキに
しました。一緒に焼いてしまいたかったので、
シリコンカップに入れて小さめにしたよ。
cocoa
さくさくビスケットと
ふわふわケーキを同時作成。
甘いものは柿しか入れなかったので、
そんなに甘くはならなかった。
それでも、子どもは食べたし
自分もココアの味さえすればよかった
みたい。あまり甘くなくても満足できました。

あーチョコが欲しい!と思ったときにも、
実はいろいろありまして。

・チョコ味で、焼けたものがいい。香ばしい匂いかぎたい!
(→だったら、甘さ控えめのココア味のお菓子を作っちゃえ)
・さくさくしているのを食べたい!
(→だったら、粉と水気を混ぜて
  甘くないビスケットを焼き、ガシガシ食べちゃえ)
・ふわふわしたものがほしい!
(→だったら、甘さを抑えた
  ふわふわケーキを焼いて食べちゃえ)
・とにかく”チョコレート”が欲しい!
(→とりあえずドライフルーツとカカオマスを口に放り込み
  ”口中チョコ”にしたり、ココアとメープルシロップ混ぜた
  ”生チョコ”状態のを食べちゃえ) 

昨日のは、一番最初のやつ。
ざくざくでもふわふわでも、何でもいいから
ココア味の焼いてあるものを食べたかった。
突然湧いてくる「チョコ食べたい」「甘いものほ
しい」はひとまず、分析してみるのがおすすめ
です。案外、買わなくても満足できますよ。

チョコ買ってきて食べるパターンばっかりやと
太るし、吹き出物できるし。買いものに行く時間
もったいないしね。 

そして、そんなにチョコチョコ言ってるのが
仕事が終わった途端に
「ビール飲みたい」に変わるのはどうしてか。
(こればかりは、不思議と
ノンアルコールビールでは満足しない・・・)

このページのトップヘ

見出し画像
×