アーカイブ

2016年06月

ご運とご縁の6月でした

カテゴリ:
6月も、今日で終わり。
いろいろあった1か月でした。

昨日は、子どもがもう学校でどうしようも
ない状態になっており、困っているという
なんともオチのない話で・・・なるべく、毎回
オチやケリをつけるようにしているこの
ブログ。子どもに関しては、まだまだ落とし
どころのない日が続きそうです。

ラッキーだった話を書いて、今月を締めよう。

先々週に、ラジオのキャンペーンで
当選した賞金が届きました。
radio
わーい。
現金書留、送ったことも配ったこともある
けど、もらったのは初めてでした。

いただいたのが土曜日。せっかくなので、
おいしいものでも食べに行こう!と、
夫と二人、近くのお店に
お昼ごはんを食べに行きました。

おいしく食べ終えたところで、会計の際
お店の方に
「今日、1000円のところ900円ずつで
いいです」と言われたよ。
ランチに出された半熟卵に、火が入り
すぎて、店主さんの
思い通りの仕上がりでなかったとの
こと。じゅうぶん美味しかったけどなあ。
ラッキーでした。
一人100円ずつ引いてもらった。嬉しい。
また来ます、と言って、お店を出ました。

先日は、ずっと
「子どもがこんな状態ですが、お仕事
あったら言ってくださいね」と、こちらから
お伝えしていたところから、連絡が
ありました。
おとといには、念願での加古川での
料理の講座もできた。
これらは、運というよりも
ありがたいご縁ですね。

子どものことは落ち着きませんが、
嬉しい運と、縁はたくさんあった
6月の1か月でした。

こどもの意見も、後で効く

カテゴリ:
おととい昼のこと。
用があって自宅を出たとき、目の前に
ランドセルを背負った女の子が2人いました。
名前はわからないけれど、顔に見覚えが
ある。たぶん息子と同じ学年の、たぶん同じ
クラス(交流学級←副教科などを一緒に受
ける1年の普通クラス)の子です。

目が合うなり、
「やっぱりそうやん。○○さんの家」
とようなことを言っていた。
どうやら、予想が当たったらしい。うちは
通学路の途中にあり、児童の多くに家の
場所を知られているのです。
この2人もちょうど「ひょっとしてここじゃない?」
と言った具合で、うちの子の家だと
予想していたようで。

「今日は○○さんいないの?」などと、
ひとしきりの質問に答えたあと、
女の子のうちの一人に、言われました。

「上手に育ててあげてね」

最初、本当に女の子は大人っぽいことを
言うよなあ、くらいにしか考えていなかった
のですが。
後になってよく考えてみると、
子どもにまでそこまで言われる状態なのよね、
と、自分の子の学校での異質っぷりを
思い、嘆いたのでした。

今月に入ったくらいから、息子は毎日
何かしらの”問題”を起こしています。
先週くらいから、
「こんなことが今日ありました」
と、学校の先生から電話が掛かってくる
ようになりました。
学校で行方不明になる、
先生が大きい声で怒られたことに
パニックを起こす(前に書いた通り)、
学校の机をなぎ倒す、
給食や授業のストライキ・・・など、など。
昨日は、教室で一人になったときに
カギを全部閉めてしまいました、と
電話が掛かってきたのです。
何かあるたびに、こちら側も
対策を練ってはいます。
「机を倒す」ことの防止には、スタンプ作戦
(机を倒さなかった日の最後にハンコが
押せる。スタンプカードとハンコは学校に
持ち込ませてもらった)をするなど。

そんなときの、よそのお子さんからの
「上手に育ててあげて」という言葉。
ああ、こういう子の親は
上手に育てていないように思われるん
やな、と思いました。
子どもは正直です。おそらく、その子
たちだけではなく、親御さんにも思われ
ているのかもしれないなあ。

自分の子のような人の、
上手な育て方は、分かりませんが・・・

とりあえず、昨日電話をいただいた、
教室のカギ問題については
注意喚起を描く作戦で。
kyoushitu
裏には、ドアのカギはさわらない。と
本人が書き、署名もしました。

問題行動には、何かしら本人の思うことが
あって。それが判明さえすれば、解決に
つながるのだけど。
なかなか本当の思うことが分からないので、
今のところ、出てきた問題に一つずつ
対策を講じるしかないのです。

シラミつぶしをするのにも、予想外に
シラミが多く発生して困っている。
そんな状態です。

講座終了★ありがとうございました

今日は、加古川でゆるベジ教室。
ママ向け情報誌「クルール」主催のイベント
でした。
20160628_2
ウェルカムボードは野菜大集合な具合で

3品紹介しましたが、全部、楽しいレシピです。
来てくださった方の中には
「ゆるベジは初めて知りました!」という方も
いらっしゃいましたし、
日ごろからこだわったスーパーに、
お買い物に行かれたりする方もおられました。
皆さん、あっという間に仕上がるゆるベジ料理に、
たくさん驚いていただけました。
20160628-03
やっぱりキッチンが素敵♪
(一部加工しています)

久しぶりに講座、させてもらったのですが
やってる自分が楽しくてたまらなかったです。

ママが連れて来られた
小さなお子さんも居られましたが、
フードプロセッサーの回る様子を
まじまじと見てくれたり、
試食の料理をたくさん食べてくれるのは
嬉しいですね。

講座に参加してくださったみなさま、
イベントのお話をくださったクルール さま、
ステキな会場を貸してくださった
八幡コーポレーション さま、
宣伝やシェアしてくださった皆さま、
練習台になってくれた友だち、に
感謝申し上げます。
ありがとうございました。
また、お会いできるのを楽しみにしています!

電池が切れたら止まるよ

カテゴリ:
子どもが通っているスイミングスクール、
入り口に、pepperがいます。
「いらっしゃいませ」とお客さんをもてなし
つつ、施設の案内や”あたりまえロボ体操”、
早口言葉(速さが1億倍だったりするので
もはや”言葉”なのかは不明)なども
披露してくれる、芸達者なヤツです。
pepper1
4月。あまり動かないようにするためか、
足元をヒモで固定され始めた

pepper
今はもっと動かないようにするためなのか
ヒモ固定に加え、両サイドに
うさぎさんを従えている

息子も大好きで、
それを楽しみにスクールに通っている
くらいなのですが・・・

先週、帰るときに息子が駆け寄って
いったら、pepperの様子がいつもと違う。
手はだらり、胸の画面はまっくら、
うつむき加減で、体調の悪い人のよう。
もちろん、何かしゃべってくれるわけでない。
「・・・死んでる?」とわたしが思うと同時に
隣にいた息子が異変に気付き、泣きながら
その場を走り去りました。

ロボットも、血の気が通っていないと
不気味なものだなあ、と思いました。
いや、もとから血の気は通っていないか。

正直、その時動かなくなっていたのは
pepper自身があの場所から動けず、
不自由な暮らしを強いられてるから
ではないか、と彼の固定生活を
不憫に思ってしまったのでした。

動いていないpepperの写真を撮ろうと
思ったのだけど、あまりに不気味で怖いので
やめました。
それなら、と絵にしようと思ったのですが
何度描いても、自分の画才に閉口するほど
の出来だったのでやめました。

講座の準備とにんにくと

カテゴリ:
今日は加古川。
午前中、28日の準備をさせていただきました。
ph_02
(画像は会場の八幡コーポレーションくらしの駅
さま よりお借りしました)
場所が本当にステキなんです。
準備中にも何度か
「ええ家やなぁ」と、ためいきが出た。

よその場所で料理の講座をさせて
いただくためには、かなりの量の荷物を
運び込まなければなりません。
だいたいのものは今日搬入。
準備もできました。あとは当日です。

帰省ついでに、先週できなかった
父の日用のお届け物。
ninniku
「元気くん」という名前の
熟成黒にんにく

今月、扁桃腺が腫れたり、
肩が凝ったりして不調だった父。
ビタミン剤を買う前に、にんにくを食べたら
改善したのだとか。
それを聞いて、にんにくの中でも、
効きそうな黒にんにくを渡してみたよ。

最近読んだ本の中にも、
「にんにくには一番、薬効性があると
海外では考えられている」
みたいなことが書いてあったし、何らかの
効き目があるらしい。
調べるうちに、
「一日ひとかけまで!」
「一部の薬服用者は医者に相談してから」
などと、摂取制限すら書いてあるのも
見ました。薬のようです。
仏教では、五葷の一つなどと言われて
禁止されていたりもしますね。

色が黒いからって、特別効くわけでは
ないだろうけど・・・
これから暑い夏になるし、バテずに乗り
切ってください、ということで。

昨日「え、渋滞なの?到着しないの?ぎゃー!」
と、車内で大泣きされました。想定外の事態に
弱い人がいるとね。
あさっての講座の都合上、今日は子どもと
電車で戻ります。
・・・わたしがにんにく食べたいくらいやわ。

このページのトップヘ

見出し画像
×