アーカイブ

2016年12月

カテゴリ:
子どもが、最近やたら
「ねえお母さん、ぼくのこと好き?」
と聞くようになってきた。

7歳にまさか、この手の質問を
頻繁にかけられるようになるとは
思わなんだ。
度々質問されるので、最近では
「じゃあ、あなたは
お母さんのことが好きなの?」
と聞き返しています。

すると、絵に描いたような
「好き!いちばん」
という返事が毎回返ってくる。
嬉しいねえ。

夫婦関係が”契約”になるドラマが
受けるほど、その関係は、実のところ
脆い。
その点、親子関係が”契約”にならない
(であろう)のは、子どもが
親のことを無条件で好きでいてくれる
からなのかもしれません。

ただ。
子「2番目に好きなのは、あばれる君 ね!」
・・・7歳男子の”好き”の度合は、母と
来年は見なくなりそうな芸人が並ぶレベル
だということを、忘れてはいけないかも。

それにしても何で、あばれる君 なのだ?
トゥースの人じゃないのか!

カテゴリ:
2016年も、明日で終わりです。

おかげさまで、本年も
366日連日更新が達成できそうです。
ありがとうございます。
今年は、もうそろそろ無理やなーって
途中何度か思いました。
それでも、何とかできた。

よーそれだけネタあるな!と、色んな
人に言われます。
それほど、内容がすごいものではないから。
「他の人が見て、有益なブログを書こう」
と考えるほど、ネタの捻出は大変だと思う
のです。

まとめて書いているんでしょ?と
言われるときもありますが、毎日
パソコンで書いてます。

更新することは、自分にとっては
不思議と落ち着ける作業。
毎日いろんなことがありますが、
文章にすることで、自分の気持ちに
区切りをつけているような気がします。

思いついた話は、手帳に書いたり、
ブログの”下書き機能”を利用したりして
タイトルだけでもメモしておくと、特に
ネタに困ることはありません。


来年もひょうひょうと、淡々と続く
ひょうたんブログではありますが
細々とお付き合いくださると幸いです。

カテゴリ:
先週、去年の紅白を見ながら年賀状を
書きました。
昨日。今年の1月の最初に放映された
「アタック25」を子どもと見ました。
どちらも今では見られないような内容や
問題が出ていた・・・・・


今年の初めに、100個の願いや
目標を書いた方が多かったと思います。
わたしも書きました。100個ではなくて、
50個ちょいくらいだったかな。
それの全部かなったかと言えば、そう
ではない。習い事(体験レッスンなどに
参加する)というのは、けっこう思い通り
できました。

できなかったのは、主に「○○さんに会う」
というものと、「○○に行く」という旅行もの。
来年は色んな所に行って、色んな人に
お会いしたいものです。

さて、毎年100wishを書く方に
こんなものを見つけました。
頭と心の整理術 書いてやりたいことがかなう100プランブック

フェリシモから発売されている、
100個の願いを書くための専用ノート。
最初のページには、100リスト。
以降のページには、1つ1つのwishを
叶えるためにどうしたらいいのか、などが
まとめられる仕様になっています。
ここまであつらえてくれていたら、
願い事も叶えられずにはいられない
かも。

今年は「ほぼ日手帳」にも
100リストがついているみたいですし、
今、流行っているのかもしれませんね。
紅白見ながらでも、100個考えてみる
のもいいのかもしれません。

なお、WISHではありませんが・・・
今年わたしがゲットした幸運は
ラジオの企画で1万円当たったことです♪

カテゴリ:
今年も、残すはあと3日。

来年の手帳がまだまだ売られています。
やっぱり見ちゃうねえ、いろいろと。
先日気になったのはこの手帳↓
【メール便なら送料無料】アーチャレジー 白黒反転手帳 【TONE REVERSAL DIARY 2017】
アーチャレジー 白黒反転手帳

メーカーのホームページは こちら
まるで、黒板のように黒い
手帳です。白いペンで書くそうです。

一瞬、最近のはやり?と思いました。
メーカーのサイトによれば、弱視の
かたに使いやすい手帳を、と思って
考えられたそう。
けっこう前から売られていたみたい。
2017年版で、3代目。

わたしは弱視ではないので
白黒反対でなくてもいいのですが。
中のスケジュールに印刷されている
漢字や数字の使い方や字の大きさ、
フォント、バランス具合がかなり
自分好みです。
ウィークリースケジュールが見開き
2週間なので見慣れない感じでは
あるけれど・・・白い手帳だったら買ってた
かも。
(黒地は好きですが、白いペンを
切らさずに持ち続けるのが面倒かな?
と思った)

一瞬、子ども用に使ってみるか?とも
考えたものの、子ども用として
1年間使い切れる自信はないので
やめました。

前の自分なら
「よし、このくらいなら自分で作ろう」
などと思ったりも、したものです。
今は自作よりも、買ったもののほうが
不思議と落ち着くので。
作らないでいます。

10月以降、ずっと働き詰めでした。
来年になったら、少しだけ平日にも
ヒマができそうです。
手帳会したいなー。

カテゴリ:
昨日、ラジオでこの歌がかかっていました。

(この曲のみのCDなどは、ないようです)
いま改めて歌詞をたどってみると、
ツッコミどころ満載で面白い。

「12時、お化粧パタパタ」
・・・してる割に、出掛けるのが
4時の買い物だけやん。
「1時、お菓子パクパク つまみ食い
 2時、テレビちらちら 居眠りさ」
暇そうやな!

「3時、隣のママとぺちゃくちゃベランダで」
この曲の発売が1976年、当時は
ニュータウンがたくさんあって
隣のベランダの壁は薄かったに
違いない。
今は防火扉がっつりあるしね~

「5時、お風呂をぴゅくぴゅく沸かしすぎ」
今、あんまり”沸かしすぎた風呂”って
見なくなったよね。
「6時、パパをうきうきお出迎え」
6時に帰ってくるのか。早いな。

「もう8時、そろそろボク
 パジャマを着て おやすみさ」
これを聴いているのが主に、幼児だと
しても早っ!

当時の”ママ”(専業主婦で核家族、団地
住まい)のイメージは
こんなものだったのね、と思わせる
歌なのでした。

もし、この歌を、現代のママ版に変える
としたら、どうなるのでしょうか。
とりあえずタイトルは「パタパタママ」
じゃなくて、「ばたばたママ」に
なりそうな気がする。
ぺちゃくちゃするのは、ベランダじゃなくて
LINE。
6時に迎えに行くのは、保育園に預けて
いる子ども。
それまでは仕事行ってて・・・・・・・
・・・歌にならんか。

このページのトップヘ

見出し画像
×