カテゴリ

カテゴリ:ゆるベジのこと

心の穴をアイスで埋めたい

カテゴリ:
昨日は仕事お休み。
午後は暑くなりそうだったので、おやつ
はシーズン初のアイスやな・・・と、
アイスクリームの準備をしていたところ、
あの訃報がありました。
いろいろ報道はあったものの、昨日は
一日テレビはつけないようにしていた。
つけると見ちゃうから。

全然知ってるかたでも何でもないけれど、
誰かがいなくなる、この何とも言えない
感じ、どうにかならないものでしょうかね。

子どもがいる親で、
親がいる子どもであるという点では
同じ立場です。
自分は生きている間に、何ができるの
でしょうか。そう考えているうちに、
アイスクリームが凍りました。
ice
梅酢をかけると
色もかわいくなって
おいしいと昨日知った
ゆるベジの豆乳アイス。

自分には、こうやって
おやつ作ることしかできないなー。

液体の冷蔵保管はおまかせ

カテゴリ:

開栓したものの、そこそこの量が
残っているワインを冷蔵庫に保管する
のに、この容器↓をよく使います。
yrmx-1yrmx-2
ゆるベジミキサーのミキシングカップ。
便利なんですよ。
ワイン以外でも、豆乳とかリンゴジュースとか
何でも入れてます。
目盛りがついてるところがいい。
移し替えたところで、どのくらい残っているか
分かるし。フタがついているのも便利です。
(密閉ではないようなので、必ず立てて保管)

これに移したワインは
「どのくらい飲んだかが見て分かるから
この辺でストップしとこう、と思う」
と、夫にも好評(?)
見た目にもシンプルだし、これだけを
買い足したいくらいです。


この、ワインを違う容器に移動させるのは
夫の母の得意技。
空き瓶をストックしておいて、残ったワイン
の量にピッタリのサイズを出してきて
入れている。移し替え職人です。

でも、出てくる空き瓶によっては
もともと入っていたもの名称が変えられて
しまったりしている。
エビオス錠 1200錠[アサヒフードアンドヘルスケア エビオス 胃もたれ・胸つかえ・消化不良に]【あす楽対応】
この空き瓶↑に入ると、どんなものでも
「エビオスワイン」になる・・・

タルト作るには型が大事でした

カテゴリ:
カキフライ一つ作るのでも苦戦する
料理感覚がない人でも、ゆるベジの
タルトは作れるのだー。
tart
抹茶ときな粉のタルト

タルトを作るのに必要なもの。
材料。←ゆるベジの場合は比較的少ない
時間。←ゆるベジの場合はこれも少なめ
あとは、道具。

先週、大阪の道具屋筋で、金属製の
タルト型を買ったら、俄然おいしく
焼けるようになりました。
それまでは、シリコン製の型を使って
いたのです。パリッとは焼けないので
ある程度焼いたら一度型から外し、
二度焼きするなどをしていた。

金属の型になったら、油を塗る手間こそ
掛かるものの、仕上がり具合が全然違う!
一度でしっかりしたタルト台が焼けて
にんまりします。

作ったのは和風タルト・・・
抹茶タルトでも、きな粉タルトでも
たぶん物足りない。
二層になっているのが偉いなあと思う。

良い型もあるので、
敬遠しがちだったタルト作りを
これからいろいろと試そうと思います。

野菜で、家飲み!

カテゴリ:
ゆうべは、旦那が不在のため、子どもと
二人で家飲み。
もちろん子どもはアルコールを飲みません
が、乾杯などは好きなようです。
水の入ったコップでやってくれます。
yrvg
・ブロッコリーのパスタ
・しいたけそぼろのおにぎり
・ガーリックミルクポテト など。

ほかにも、スパムを焼いたりもしましたが・・・
お正月に食べ過ぎた感が、毎年あるので
1月はゆるベジメニューを多く出している
ような気がします。

ミルクポテトは、この間作ったら子どもが
えらく気に入ったので、追加で作った。
カルボナーラみたいな味がします。
(この写真では小さいガラスボウルに入れた。
が、既に食べられてなくなっている)

お酒は、伊賀のモクモクファームの
”さちのかスパークリング”。
イチゴ味のするビール、香料は入っていま
せん。おいしかった!

家飲みは、やっぱり
野菜料理がいいね。

子どもが、野菜嫌いでも大丈夫!

カテゴリ:
子どもが実家でしている、ゲーム--
iceclimer
少し上手になったようです
「アイスクライマー」というゲームの
ボーナスステージで食べられるものが
おやつじゃなくて、野菜なのがいいなあ
と思った。写真はナス、顔があってかわ
いい。他にもレタスだったり、キュウリ
だったりします。

年末、息子より小さなお子さんを
お持ちのママが
「子どもがサラダを食べなくって・・・」
と困っていらした。
サラダ、小さいお子さんは食べまへん。
今の息子でも、サラダは野菜を
食べるというより、ドレッシングを
食べているほうが多いから。

野菜の緑色は、動物が無意識に避ける色。
果物で言えば完熟していない印です。
色からまず避ける。
なので、緑色を避け始めたら
「おぬしも動物的直感があったか」
とでも思っておきましょう。
さらに野菜、噛んでも旨みを感じにくい。
「うーん、滋味深い味わい!」なんて
言う子どもはいません。
いたら怖いわ。

サラダは今の時期だと特に冷たい。
食材よっては、繊維が口の中に
残って食べにくい。
小さいお子さんなら例えば、蒸して
出すような野菜がいいかな。
柔らかくしておけば、ミキサーで
スープにも活用できて便利です。

蒸してはいませんが、うちの子は味噌汁が
好きなので、味噌汁に野菜を細く刻んで
入れていることが多いです。
ラーメン食べたい、そば食べたい!と
言われることも多いので、逃さない。
汁に千切り野菜を入れる。
とんこつや味噌系のラーメンスープだと
うまく紛れてくれるのが嬉しい。
(※市販のスープの場合、塩分が
強いので、子ども用には薄めます)
納豆も好きなので、前はよく蒸した
みじん切り野菜入れていました。
ねばねばにくっついてくれるの。

さらには、青菜クラッカーなどにする
”おやつ作戦”も有効。
子どもも段々分かってきてるので、全然
おやつじゃない!と言われるときもある。
そういうときは一度下げて、夜まで待ち
「夜ごはんちょーだい」コールが出たときに
食卓に置いておく。
「今あたためるから、それでもかじって
待っといて」と”前菜”作戦。
空腹に勝るものなし!

学校や園で給食があると、
「周りが食べているので、気が付いたら
食べていた」ということもあります。
うちも、学校の給食は
家では食べないようなものも食べて
いる様子。友達の力は大きいね。


つまりは。
お子さんが「やさい食べな~い」と
言っても、親御さんは
不安になることはない!
そう言いたいのです。


アイスクライマーの話に戻るけど、
雪山のボーナスステージでいただける
ものが、レタスにキュウリにナス・・・
身体冷えそう。
ついでに、最後にコンドル風の鳥が
ぐるぐると飛んでいるのも、雪山で
どうよって思うなあ。

このページのトップヘ

見出し画像
×