カテゴリ

カテゴリ:手帳のこと

ずさんな家計を整えたくて

カテゴリ:
今月に入ってから、
細かめの家計簿をつけようと思い、
楽しく、貯まる「づんの家計簿」 書きたくなるお金ノート【電子書籍】[ づん ]
楽しく、貯まる「づんの家計簿」
書きたくなるお金ノート

これの真似をして、先月の帳簿よりも
少し細かく書くようにしています。

理由は、これまで記録はしていたもの
の、ものすごくドンブリ勘定すぎて
いたから。結婚して13年、金銭の記録
は毎月つけていたものの、単に”日記”
になっていました。

細かめにすることで、
「しんどいなー、もう外食にしようかなー」
と思った日に
「うむ、今月はまだ余裕があるから
外で食べてもいいな」
と決めるか、
「いや待てよ、今月はこの後◎◎が
あるから、食事は家で済ませよう」
とあきらめるか。
そのあたりのラインを、しっかり
見極められるようになりたいと
思ったのです。

口にするものは、値段で決めるもの
ではないとは思っていますが
(安ければいいというわけではない)、
やっぱり、値段を全く気にしないわけ
にもいかず・・・
そのあたりのバランスは、日々悩んで
いるところ。

あと、詳細に帳簿をつけようと
思った理由がもう一つ。
記録をつける姿を、子どもに
見せるのも悪くないと思ったから。
以前、
「小遣い帳をつけることを強制する
のは、親が子供の金遣いを管理
したいから」という話を聞いたことが
あるのです。
だから、小遣い帳を渡して、
こちらから記録しろ記録しろと
促すことはしたくない。

うちの夫は、金銭管理のしっかりして
いる人で。
kakei
彼の名誉のために断っておくと、決して
ケチな人というわけではないです。
ただ、長年の習慣が凍みついている
とのこと。

どうしてここまで管理をするのか、と
理由をたずねたところ、
「親が書いているのを見てきたから」
だそうな。

話は逸れますが、
子どもに「本を読め」と言い続けるなら、
親が読んでいる姿を見せたらいいと
思っています。
お金の管理も多分、同じじゃないかと。
事実、夫が金銭帳をつけているのを
見て「自分もきっちりつけないと・・・」と
焦っている人がここに。

づんさんの家と我が家の家計事情に
異なるところもたくさんあるようなので、
本に載っているのとそっくりそのままの
記録ではありません。
でも、ここまで詳細につけるのは初めて。
1か月経ったころに、
何か新しく発見したことがあれば
いいなーと思っています。
「面倒くさかった」以外で。

・・・ ・・・
前からお知らせしていたノート会、
8月27日に明石駅周辺ですることが
決定しました。駅近く、お昼どきです。
その頃はちょうど、上の家計簿も
つけてしばらくしている頃なので、
記録してどうだったかのお話も
できるかもしれません。
その他、アルバム・子どもの記録・
あとは手帳なども含め、記録したい
かたが「記録するのって面白い!」と
思って帰ってもらえればなあ、と
考えています。

参加登録フォームなどは、作って
いません。気になるかたは、
このブログのメッセージ欄などで
参加希望の旨を教えてくださると
嬉しいです。追って、場所などを
連絡いたします。
(これまでにSNSなど、何らかの方法で
参加したいとおっしゃってくださった
方は連絡なくて大丈夫です)
よろしくお願いいたします。

お気に入りノート、終盤

カテゴリ:
去年の秋に買って
何となく書き続けていたノートが
もうあと2か月ほどで使い切れる・・・!
これ↓
yPad half X [ 寄藤文平 ]
yPad half X [ 寄藤文平 ]
要するにスケジュール帳です。でも
自分はバインダーのもあるし、まあ
試しにしてみるか・・・と思って、去年の
10月に始めました。
そしたら、案外使いやすくて
今ではこっちのメインユーザーです。
ypad
使い込んで、今ではボロボロ

この帳面、特徴はガントチャートです。
ガントチャートなんて、仕事がたくさん
ある人専用でしょ、と思っていたのですが
家の仕事を放り込んでみたら、案外
使えた。家事だって立派な仕事だ。
ypad2
”ほぼ日”で昔買った、ナイロンミニバッグの
中敷きが下敷きにピッタリだった

左ページのスケジュールページは
少々使いにくいけれど、工夫次第で
朝4時からの予定が書き込めること
が判明。

最初、A5じゃない・・・と思ったのですが、
考えてみたら、学校からもらうプリントって
B4だったりすることが多くて。
早く処分したいために、書いてあることを
結局手書きで写すことが多い。穴開けて
保管まではしないことが殆どなのです。
スマホカメラで撮影してアプリで保管、も
自分にはいまいち。
(もちろん、A5バインダーも持っているから
本当に保存したいものはそちらにしまって
います)

ガントチャートの後のページには、
フリーページがあって
おかげでマメになにかを描いたり
するようになりました。

これを使い終わった10月には、来年の
手帳もたくさん売られている頃です。
中途半端なので、2か月は小さい帳面で
代用する予定。来年からもypadを使うか
どうかは、その後に考えようと思います。
形が横に長いのが、ノートとしても手帳
としても使いにくいところ・・・
同じサイズでいいから、縦型が出ないかな。


お友達にノートテクニックの
いい本を教えてもらいました♪
わたしらしさを知るマイノートのつくりかた [ Emi ]
わたしらしさを知るマイノートのつくりかた [ Emi ]
Emiさん。前に、アルバムの講座に行った
ことがあります。
ノートもかわいくて、オシャレ。

ノートに関する書籍も多く出ていますが
個人的には、ムックよりも
本になったものが好きです。
前に、本屋さんで見かけた
子育てノートの本もよかった。

ノートに書くことって、アルバムっぽいの
から日記、願望、家計簿、といろいろ。
ノート好き!文具好き!というかたの
ためのログオフ、8月に計画中です。
フォームで大々的に募集はしません。
興味のある方は、ここのコメントなり
SNSのメッセージなりで
お知らせください。

鉄板ボールペン

カテゴリ:
手帳用の持ち歩きペンを色々試して、
戻って馴染みのものを買ったら
「あ、やっぱりこれやな」と思った。
ゼブラのボールペンです。
ゼブラ サラサクリップ0.4 黒
ゼブラ サラサクリップ0.4 黒
手帳用にはこの、クリップ0.4がベスト。
わたしがストックしておく色は、黒だけ。
手帳用にはそれほど色を必要としないし。
多色ボールペンだと、インクがばらばらに
減っていくのが気になるしね。

いまはサラサのシリーズもバリエーション
豊富になっています。
速乾性のドライタイプは、後からすぐ
色を塗ったりするのに便利。ただ0.4でも
微妙に太く、替えインクがなかなか売られ
ていなかったりもするのが難点です。

メタリックボディーのも登場しました。
【全4色】ゼブラ/ジェルボールペン サラサグランド0.5(P-JJ55)ボール径0.5mm SARASA Grand 0.5 大人スタイルのサラサ!ZEBRA【大人気商品!】
【全4色】ゼブラ/ジェルボールペン サラサグランド0.5
高級に見えてかっこいいです。
外からインクの減り具合が確認できない
のだけ何とかなればなあ。
sarasa
(これはサラサ共通だと思います)

書き味がなめらかで、濃さが
ほどよいので、これからも愛用し続けます。
売られなくなったら困るー。


愛用ペンやお気に入り文具など、アナログ
記録ツール(アルバム、ノート、家計簿、
マインドマップ、子どもの発達ノート、あと
手帳も)について語る「アナログオフ」を
計画中です。
もっと!夢をかなえる!私のノート術 (e-MOOK)[本/雑誌] (単行本・ムック) / 宝島社
もっと!夢をかなえる!私のノート術 (e-MOOK)[本/雑誌] (単行本・ムック) / 宝島社
↑こういう本お好きな方、
居られませんか。

8月に姫路周辺で開催予定です。
わたしがあまり多くの人数をさばけないの
で、こっそり開催します。
ご興味のある方はお知らせください。
案内お送りします。

”ログオフ”したい人求む

カテゴリ:
連休のときの旅行のアルバムを作りました。

今回は初めての試み。
これを旅先に持って行きました。
アクティブコーポレーション ことりっぷ わたしの旅ノート AJ-66
アクティブコーポレーション

旅の前から書き込んで準備し、
帰って来てからも書き込めば
オリジナルの旅行記ができる、という
ノートです。

宿近くにあるコンビニで写真を
現像しながら、旅行中にアルバムも
作ってしまおう!と思っていました。
が、コンビニが近くにないことを
考えていなかった。
たくさんたまるパンフレットなどを
短い宿での時間中にまとめられる
わけはなく。結局、写真は戻って
すぐにネットプリントにお願いしました。
rog
「かわいいもの」をあつめるページが
面白かった。
いろいろ探して撮るのも楽しかったし。

写真を切って貼ってするのが多くて、
結局旅行記ではなく、単なるアルバムに
なりました。
roglog
それでも、鉄は熱いうちに打てならぬ
アルバムは早いうちに作れ。
記憶が鮮明なうちに作ることができて
よかったです。

今回は古典的な作り方でしたが、
子どものアルバムは、フォトブックに
しています。
albumB6横判
子どもがめちゃくちゃ好きで、毎日
とっかえひっかえ見ている。
自分の小さいときが好きなのかな。
よくわからん。


ところで・・・
旅行の記録を作りながら、考えた。
どうもこのところ”記録の残し方”を
どうしたらいいのか悩むことが多い
です。
先日書いた『周りの人に伝わるような
子どもに関する記録』もそうだし、
手帳に書き残すいろんな記録もそう。

今日のことや、これから先 については
いろんな人の話を聞いたり、見たりして、
手帳を活用してどうすればいいのかって
いうのは少しは知りました。
おかげさまで有効に時間は使えています。
手帳毎日活躍してるなーって思う。

そんななか、最近はアルバムや家計簿など
”これまでのこと”を、他の人はどのように
残しているのだろう、と考えることが
多くなりました。
出来る限り簡単、スマートに。
それでいて、後で見返したくなるような
ログの残し方が理想。

あと、記録自慢な人に見せてもらって、
自分も記録残すぞーと思いたい。
ログオフ会したいなー。

気に入ったレシピを自筆で残す

カテゴリ:
図書館でよく借りるレシピ本。
ものすごく気に入ったものは、あとで
本屋に行って買っています。
でも、たいていは
「これとこれの作り方だけは、
残しておきたいなあ」
と思って返す。材料が手に入りにくかった
り、工程が難しかったりして、本に載って
いるすべてのレシピを作りたい!とは、
なかなか思わかなかったりします。

以前は、そういう部分をコピーして
残していましたが、最近は自分で
”書いて”残すようになりました。
techorecipe
他人さんの本を”書きパク”状態なので
あまり大っぴらに載せられずです。
ごめんなさい。


手帳に書いて残すことで、コピーされた
ペラ1枚よりも、頭の中で忘れない感が
ある。そして、ちょっと愛着がわく。
techorecipee
どんだけ暇やねん、って言われそう。
そんなに暇じゃないけど
こういう時間も必要なのよ~。

このページのトップヘ

見出し画像
×