カテゴリ

カテゴリ:おでかけ

ニューヨークを目指したいがや

カテゴリ:
春と秋に”遠足”と称して、日帰りで
出かけることがあります。
今日は名古屋に行ってきました。

いつものパン屋さんに行ってパンを
買い、知ってるスーパーに行き、
「おー、味噌棚が黒っぽいなー」
「『つけてみそかけてみそ』に”プレミアム”
が出ている」
「『生しるこサンド』も気になるなあ」
などと眺めて回り、
かつて常連だったカフェでお昼ごはんを
しました。

熱田神宮の近くにある、旅をモチーフ
にした”TABICAFE”さん。
このブログでもよく紹介しています。
面白いことを多く企画されてるお店なの
ですが、今やってるのがこれ。
ngy4
ウルトラクイズ。
残念ながら夜限定の企画らしく、
クイズまではできないなぁと思って
ランチに入ったら、店長に
「やりませんか?」と誘われた。
あれ、昼でもできるの?できるならぜひ!
ngy3
(最初、メロンパンかと思ったのはここだけの話)
ドームで○×予選をし、ジャンケンもして
ngy6
飛行機の中でのクイズもあって、

不正解になると泥にまみれる○×クイズ
もあり(本当に汚れます)、
問題がばらまかれるクイズもして
(ハズレひきまくり)、
密室の中で記憶力を試されて。

いろいろやって、結局
準決勝で負けました。惜しかったなあ。
あと一歩でニューヨークやったのに。

やる人が少ないのかどうなのか、
今まで、ドロンコクイズをした人が
いなかったそうで。
店長が気合いを入れて?作られた
セットなのに・・・

でも、ランチタイムでさせてもらえるとは
思わなかったです。
旦那も大好きな店なので、問題一式
お持ち帰り。帰ってきたら解かせよう。

クイズ企画は今月いっぱいだそうですが、
クイズやってなくても、普通に面白い
お店です。
ngy7
ジンジャーエールで、このコメント。
ガラナのノーマル・生田式てのも気になります。
食べものもおいしいですよ。

神宮前から名鉄で名古屋駅に戻ってきて、
新しくなったエリアをうろうろ。
マツザカヤが、ごついビルになってる・・・

名駅を久しぶりに歩いて思ったのは、
大阪・梅田よりも格段に歩きやすい
ということ。
名古屋ってこんなに歩きやすかったっけ。
人が少なめの時間帯だったのかもしれま
せん。全体的に、海外の人率が少ない
ような気がしました。
ngy1
人が少ないと、スッキリ見えて
目にやさしい気すらする。

新しいビルのほうに行ってみれば、
エスカレーターで近くにいたお姉さん
たちがみんな、流暢な名古屋言葉を
話されていて。
尾張名古屋は地元民で持ってるなーと
しみじみ思ったのでした。

熱い中歩き回って(1万5千歩)、
何とか子どもの帰宅までに尼崎に
戻ってこられた。
名古屋、日帰りでも行けるもんやね。
またちょくちょく行きます。
夏だけは行きたくないけど(暑いから)。

大津でナチュラルスイーツを味わう

カテゴリ:

朝から滋賀へ。
楽しみにしていた、ケーキ屋さんの
スイーツビュッフェに行きました。

大津市の琵琶湖沿いにある、
ユーピユーピ さん。
通常のケーキに加え、グルテンフリーや
ロースイーツも手掛ける洋菓子店です。
前からチェックしていたところ、毎月
2日間だけスイーツビュッフェをして
いるとのこと。
場所が学生時代の友人が住む家に
とても近く、その子ともう一人の友達
を誘って行ってきました。
人気のビュッフェらしく、1か月前の
予約もなかなか電話が繋がらず、
無理かと思った。

駅からちょっと遠かったけど、ビュッ
フェが待っていると思うと頑張れる。
30分ほどてくてく歩きました。

今日のビュッフェは13時からスタート。
youpi1
たくさん並んでいます。
13時までは、お客さんによる
大撮影大会。
(お店の方に撮影許可いただいてます)
youpi3
キッシュやケークサレも☆
甘いものが多いなかで、
こういうのがあると嬉しい。
しかもおいしい!
youpi2
キャロットラペは
あのスパイスきかせてるよなあ・・・と
自分で勝手に妄想。

ノーマルのスイーツも、もちろん
とってもおいしいのだけど、スタッフが
持って来るとお客さんの歓声が
上がるのは、やっぱりグルテンフリーや
ロースイーツのものです。
youpi4
ロースイーツは作れないので、
すっっごい嬉しい~♪

全種類制覇とは行きませんでしたが、
1時間半、おいしいスイーツを食べら
れて大満足!
しばらく甘いものはいらないわー。

通常のスイーツでももちろん嬉しくて
たまらないのですが、
身体にやさしいスイーツを作って
いただいて、見た目にも楽しめて、
味もおいしいなんて。
幸せな時間でした。

お友達の家を経由して彼女と別れ、
歩いて駅まで戻る途中、
さっき別れたばかりの友人の子が
「ぼく、○○ぴょん(わたしの旧姓に
”ぴょん”をつけたもの。ママが言う
そのままをずっと呼んでくる・・・)に
会いたかったのに」
と、自転車で追いかけてくれた。
小6男子に言われるとは!
これまた小さな幸せです。

また遊びに来るよ、と言って別れた。
ビュッフェには彼は来られなかったので
今度はケーキを買ってから行くね。

てげうま!宮崎

カテゴリ:
宮崎で食べた、おいしいもの。
mangooo
青島”鬼の洗濯板”に向かう途中の
お土産屋さんでいただいたマンゴー。
シーズン中の宮崎のマンゴー、さすがに
いいお値段・・・辛うじて口にできたのが
このカットマンゴーでした。
お店のおばちゃんがその場で切って、
種の部分も食べて!と、サービスで
つけてくれました。濃厚でおいしい。
独特の南国の味に、息子もハマる。

定番の宮崎メシを、ホテルの朝食で
いただけると聞いたので、夜は軽めに。
udon
宿の近くの『きっちょううどん』。
透き通ったダシは、嬉しい無添加。
ゆずこしょうをお好みで加えていただ
きます。冷たいうどんはコシがありま
したが、温かいうどんはやわらかめ
の麺でした。

そして、朝は楽しみにしていた
宮崎ビュッフェ♪
myzk
チキン南蛮や炭焼地鶏、
大好きな冷や汁をいただく。
朝から濃い!でも、名物を少しずつ
楽しめてよかった。地鶏ががっつり
炭焼きなのがすばらしい。ビジネス
ホテルの朝食で、このクオリティは
素敵やなあ。

惜しくも断念したのが、お菓子の日高 さん
という地元のお菓子屋さんが作っている
「なんじゃこら大福」 。
イチゴ・栗・クリームチーズが
入っている大福です。
お店だけで買える「なんじゃこらシュー」
も、同じような中身(1個約600円!)。
大福は食べたことがあったので、
シュークリームが食べたかった。

同じお店で売られている「チーズ饅頭」は
食べました。チーズ好きにはたまらない
逸品。饅頭じゃなくて、チーズケーキ
ではないかと思う。
「大福」と一緒に、お取り寄せしようかと
考えています。

宮崎に泊まったのは1泊でした。
でも、まだまだ足りない。
宮崎に限らず、日本の各地を1週間
くらいずつ滞在したいです。たまに外食
でその土地の名物を味わい、別の日
のんびり地元のスーパーに行き、自分で
食事を作る。
名所には、天気のいい日に行く。
暮らすように滞在したいですね。

宮崎以外にもおいしいものを食べて
きました。それもまた別の記事で。

どげんかなったか、宮崎

カテゴリ:
宮崎に旅行に行きました。なぜ宮崎なのか。
あまり行ったことのない場所だったから。

宮崎、何年か前に「どげんかせんといかん」と
言われた場所でしたが・・・その理由が少し
分かった気がします。
というのも、JRの宮崎駅に行きにくい。空港が
あるので空の便は便利だし、関西からだと
フェリーを使って上陸する手もあります。
が、電車が不便なんです。特に九州新幹線が
走るようになってから。熊本・鹿児島に比べると
県庁所在地まで行くのに時間が掛かる。
知事が焦るのも無理はないかも。
わたしたちは熊本の新八代駅まで新幹線で
行き、そこからレンタカーで宮崎市へ乗り入れ
ました。

「るるぶ宮崎」などのムック本はあれど、
「タビリエ」「ことりっぷ」などのガイド本の
宮崎版はありません。
とりあえず今回は
『鵜戸神宮』『青島』『サンメッセ日南』
の3か所に的を絞って行ってきました。

特筆すべきは、海をバックに
モアイ像が並ぶ『サンメッセ日南』。
moai1
駐車場が一番混んでいたのがここ。
お土産屋もモアイばっかりだし、やや
オシャレ感に欠けるスポットなのに
どうしてこんなにお客さんがいるの?
と不思議でなりませんでした。
でも、アップダウンの激しい園内を歩き
回って分かった。園内の至るところに
妙なオブジェがたくさんあって、とにかく
”インスタ映え”する。
moai2
(地面からモアイが斜めに生えている)
moai3
インスタグラムを活用していない者には
パラダイスにしか見えない場所かも・・・。


宮崎は、のんびりした空気が漂う場所。
かつては新婚旅行のメッカ、今は
プロ野球のキャンプのメッカなのが
ちょっと分かった気がしました。

現地の人の話す宮崎のことば、特に
お土産屋さんで若い女の子の店員さん
が話す宮崎弁はめちゃくちゃかわいい。
食べものもおいしく、泊まった宿の温泉は
宮崎駅近くながらも、とろみのあるいい
お湯!宮崎どげんかなっとるやーん、
と思ったのでした。

食べたものの話はまた別記事で。

念願サンド

カテゴリ:
前からずっと食べたいと思っていた、
鶴橋の喫茶店のサンドイッチを
食べに行きました。
いつから食べたかったのかというと、
子どもが生まれる前から(長!サン
エックスのキャラクター こげぱん が
大阪を旅する本で知ったと思います)。

名古屋から近鉄特急で鶴橋を通る度、
「あーキムチサンド・・・」と思っていました。
子どもが大きくなって、この辺りを環状線
で通る機会も多かったのですが、なぜか
お店の定休日によく通っているのです。
こりゃ、いつまでも行けないままやん。
思い切って鶴橋へ。

鶴橋って初めて降りました。昼前だった
こともありとても静か。同じような町でも、
東京の新大久保よりは新しくない感じです。

ノスタルジックな商店街を歩いたところに
ありました。喫茶店「ロックヴィラ」。
お店の外観も昔ながらの喫茶店で、
ちょっとなじみのないお一人さまは入る
のにためらいました。でも入っちゃえ。
勇気を出して店内へ。
中は若いお姉さんたちが店員をしていて
ちょっと拍子抜け。おばちゃんと馴染み客
ばかりだと思っていたので・・・
ま、有名なお店なので、
自分みたいなお客も来るんやろうな。

お目当てのキムチサンド♪
sand
ゆで卵やキュウリ、ハムと一緒に
キムチが入っていて
ボリューム満点。650円でした。
sand2
断面萌え。

味は、というと、
キムチだけだと辛いはずが、あまり
辛く感じませんでした。
卵がうまくまとめているなーという感じ。
キムチも卵も、量が絶妙でした。

食べていたところ、一人のおじちゃんが
やってきてカウンター席に座り、
「お、今日はきれいどころやなー」
と店員のお姉さんたちを誉めていた。
店員さんも「そう言われると嬉しいわぁ」と
慣れたお返事。
その後、おじちゃんはおもむろに
カバンから数独の冊子を取り出して
解き始めました。常連なのやろね。

喫煙可能なお店なので、
子どもと一緒じゃなくてよかったかな。
でも、おいしかった。

このページのトップヘ

見出し画像
×