カテゴリ

カテゴリ:ゆるベジ以外の料理のこと

いきものがかり。

カテゴリ:
名古屋で自然酵母のパン教室に参加して
1か月・・・
先週から仕込み初めたものが、
ようやっと、パンの酵母に仕上がった
感じです。
koubo
甘酒のようになっています

鹿児島産・無農薬のグレープフルーツを
入手し、週末からお世話しました。
「世話」というのは、適当なころに
エサをやり空気を与え、たまに「検温です~」
つまり温度を計ることです。
大人の自由研究ですね。

その甲斐あって、今は
アルコールの香りがするように
なりました。
今までパン酵母は失敗してばかり・・・
今度は上手に膨らむと思いたい。

旦那も出張でずっと不在やったし、
世話している間に気が付いたら
朝、酵母の瓶に向かって
「おはよー」と言っていました。
すっかり生き物係です。

この生き物がペットと違う点は
最後には食べてしまうという
ところです。

にっこりピーマン

カテゴリ:
学校からいただいたピーマンを切ったら、
greenpepper
あら、スマイル!

ちょっと嬉しい気分♪
・・・というのを、いつかブログに載せ
ようと思っていたら、別の方が
SNSに掲載しているのを見かけました。
ピーマンのスマイル、よく出るみたいです。
見つけたら嬉しくなりますよ。

夏においしいピーマンは
ムダなくいただきましょう☆
greenpepper1
↑この方法でヘタの近くを切ったら
スマイルが出たよ。

おうちピザでパーティ気分

カテゴリ:
昨日は、まる一日子どもと一緒でした。
今週は前半に外出することが多く、
金曜の昨日また出かけるのもなー、
という気分。
家の中にいるも、目の前には案の定
退屈そうな夏休み中の小学生・・・

そこで、
「お昼ごはんピザにしようよ」
と子どもを誘い出し、
粉をこねて発酵させ
pizza
「おいしくなーれー」 の呪文つき 

オーブンの番をしてもらい
pizza2
具無しで台だけ先に焼いたので
生地がどら焼きのように膨れている
ゆうべの残りのカレーやら
残りものやらを載せて、
チーズかけて焼きました。
pizza3
子どもがトマト載せた
見た目はいまいちでも、とても
おいしいピザができました。

先日、とある場所で
「食事の状況で、どのようなときに
幸せだと思いますか」
といったアンケートがありました。
今は、こうやって子どもと食事を作って
パーティーみたい!おいしい!楽しい!
と言ってもらえるときが、一番ですね。


今はピザにのせるチーズも
普通の溶けるチーズを使っています。
子どもがもっと小さい頃は、豆腐で
チーズを作ったりしていました。
牛乳をそんなにたくさん飲めないことも
判明して、チーズが食べられるなら
それもいいかと。生協の溶けるチーズは
セルロース(結着剤)なしで嬉しい。
バターも好き。無塩のものを買って
鍋に入れて火にかけ、上澄みを漉して
使っています。不純物が取れるんだって。

小さい頃の母の野菜生活
(ジュースじゃないよ)の影響もあって、
「今日、ウンチ出にくかったよ。
やさいあまり食べてなかったね」
などと一丁前に言うようになりました。
食生活の”基礎”ができたのではないか
と思っています。ここまでになったら、
食生活は多少は大目にみてもいいの
ではないかと。

ある程度の年齢まで、子どもの食生活を
気にかけるのって大変なのですが、
大きくなってから親はラクできるのでは
ないかと思っています。

梅酢が効きます

カテゴリ:
今年に入ってから、よく 梅酢 を
使っています。
梅干しをつけたときにできる、
副産物らしい。名前こそ”酢”ですが、
酢のものに使えるというわけでもない
らしい。

ところが、これが
案外使えるヤツでして。
おとといは梅酢で下味をつけた鶏を
唐揚げにしました。
umezu
レシピはこちらにあるよ↓
すばらしきうめ酢の世界。
辛くなく、酸っぱくもなく
おいしい。子どももがっつきました。

梅はその日の難逃れ、と言われます。
でも、梅干しは我が家ではそれほど
好まれず、買うことも作ることも
あまりありません。
梅酢も買ったものではありますが、
こちらは大活用。

3月のノロウィルスにかかったときに
唯一口にできたのは、梅酢とハチミツの
水割りでした。
今でもときどき子どもに作っています。
赤い梅酢で作ると、色もきれいですよ。
炭酸で割ってもおいしいぞ。

(※先日、保育園で、食塩を過剰に
摂取したお子さんの事故がありました。
ごくごく小さい子どもさんに与えるのは
やめたほうがいいと思います)

塩麹、レモン塩、などに続いて
そろそろ梅酢ブームが来るのでは
ないかと思っています。

カテゴリ:
休みのたびに
「晩御飯何食べたい?」
と聞くと、このところ決まって
カレー!と言われ、毎週末が
カレー曜日になっていました。

カレーも悪くない。
ごはん食べられるし、冷蔵庫の
残り物は何でも入れられる。
あのとろみのついた、茶黄色の
ペーストに包んでしまえば(こう
書くとまずそう・・・)、大体のもの
は口に入れてくれるという。

とはいえ、こうも毎週毎週
カレーもどうかと思って、昨日は
同じ冷蔵庫の中身処分系の
冬の定番料理「鍋」を決行。
うちで常備している塩味スープに、
残っている野菜やら乾物、肉を投入。
本来、もつ鍋用の鍋スープなのですが、
もつは入れないのが我が家流です。
冬は毎週やってます。

季節感がないこと甚だしいですが、
冷房が効いている部屋で、冷たいもの
を食べるとしんどくなるのです。
喫茶店でかき氷を食べられないタイプ。
最近では、アイスコーヒーを飲みたく
なっても「氷無しで!」とオーダーする
ことが多い。

あつあつになった豆腐を食べ、
野菜をたくさん食べ、
シメのニラ玉雑炊(さすがにトロトロには
煮込まず、サラッとしたスープご飯状に
しました)もしっかりいただきました。

冷蔵庫もスッキリするし、
夏の鍋もいいものですよ。

このページのトップヘ

見出し画像
×