カテゴリ

カテゴリ:ゆるベジ以外の料理のこと

車内発酵パン

カテゴリ:

昨日の朝、パンを作ろうと
生地を練っていたところ、旦那が
起きてきた。
普段それほど早起きしない人が
夜明けを待たず起きてくるのは、
どこか調子がおかしいサイン。
その通りでした。首がおかしく、
なかなか寝られない様子。

平日なかなか休めないので、
休日診療で診てもらうことに
なりました。
ただ、わたしが病院へ連れて
行くと、息子もついてくることに
なる。
幸い移動はできる様子だったし、
戻ってからは睡眠時間を確保して
ほしかったこともあり、母子は
実家に避難することになりました。

これから寝かせようと思っていた
パン生地と、
今まで寝ていた小さい人を車に
乗せて、一路加古川へ。
1時間と少しの運転中に、パン生地
がいい具合に発酵してくれました。
実家で鍋とオーブンを借りた。
bagel
一緒に移動したベーグル。

わたしが焼いたパンは、
母には「もっちりしてるなー、フランス
パンみたいなのがいいのに」と言われ
(餅・団子など”もちもち”が苦手な人)、
父には「粉の甘味が分かるなあ」と
言われます。
何を作っても同じようなことを言われて
いる気がする。

夫の首も、診察の結果それほど
悪くはないようで、ひと安心。

そういえば、昨日は父の日でした。
旦那には休暇をプレゼントしたが、
自分の父には休みすらあげていない
(孫が来たから)。すみません。

抱っこし合って熟れている

カテゴリ:
子ども、よく学校から
野菜や果物などを持ち帰ってきます。
昨日持って帰ってきたのは、びわ。
学校にできたらしい。

好きな果物の一つなのですが・・・
びわって、種が大きくていまいち
「食べた!」感がない。
皮をむくと、黒くなってしまい
すぐに食べないといけなかったり。
そこでゆうべ、白ワインと砂糖で
コンポートにしてみました。
すると、このまま食べるのが惜しく
なってきて。
タルトの額に入れることにしました。
biwatart
学校のびわとブルーベリーのタルト
小麦〇 卵× 乳×
コンポート用に白砂糖少量使用

びわをブルーベリーの中に
散らしてもよかったのだけれど、
形がかわいいのと、味や色が
負けてしまいそうなので
ぐるりと飾りました。
たまに割れたり欠けたりしている
びわがあるのは、ご愛嬌。

夏は苦手ですが、
おいしい果物がたくさん味わえるのは
嬉しいですね。

初夏のアジ。

カテゴリ:
昨日「晩御飯なにしようかな」と思ったとき
ちょうどラジオで、鯵の南蛮漬けの話題を
していました。途端に口の中が南蛮漬け
モードになった。
実家の南蛮漬けは、父が鯵を釣って来た
日に作るものです。さすがに釣るわけに
はいかないので、スーパーで小アジを購入
しました。

小さい鯵は、骨の部分をじっくり揚げた
”骨せんべい”もおいしいもの。骨を美しく
残そうと頑張ったら、身のほうが崩れて
しまった。身の部分にも骨がけっこう
残ってしまったので、結局、どの部分も
長い時間揚げました。
aji
そら豆ごはんと一緒にいただきます。

南蛮漬けにはトマトを入れるとおいしい
とラジオで聞いたので、トマトも入れて
みたよ。
酢っぱ甘い初夏の味。鶏肉揚げて浸けて
もいいし、ベジタリアンなら揚げ出し豆腐や
車麩の揚げたのを入れても良さそうです。

これまで、魚をさばいたことがそんなに
ありませんでした。
骨せんべいは息子に好評だったので、
今後のためにも、上手なさばき方を
知っとこうと思いました。実家で聞いて
こよう。

困るのが、出てくる生ごみの保管・・・
うちでは、使い古した牛乳パックや
ビニール袋でぐるぐる巻きにして
冷凍庫で保管しています。
冷蔵庫の一室、切り替えができる部屋
を”冷凍”モードにした、食雑芥専用
ボックス。そこで生ごみを出す日まで
保管しています。
臭いも出なくていいですよ。

指先で送る君へのメッセージ

カテゴリ:
先週、実家に近い
稲美町の農協でイチゴを買いました。
毎年買う、ジャム用のイチゴが大好きです。
年中イチゴって見るけど、この時期に出回る
不揃いなものが一番おいしい。
今年は塩だけまぶして鍋に入れ、砂糖なしの
ジャムにしてみました。当然ながらとろみが
なく、ソースみたいになりました。
さすがにちょっと酸っぱいので、必要なときに
甘さを加えて使っています。

同じところでサクランボも売られていました。
そんなにたくさん入ってはいなかったけど、
めずらしい稲美のサクランボなので購入。
1パック198円でした。
そのまま食べてみるも、残念ながら
甘い!おいしい!というわけではない。
子どもも、それほど手がのびないみたい
でした。

そこで、半分に切ってタネを取り、
レアチーズ風タルトにしました。
cherry
小麦〇卵×乳△(←もとは牛乳から繋いだ豆乳ヨーグルトだから)
絵に描いたような二連チェリーが1つだけあった♪

数が足りなくてブルーベリーも足した。
サクランボは、やっぱり見た目にかわい
らしいねえ。山形の佐藤錦とかやと、もっと
甘くておいしいのやろうな。

イチゴやサクランボなどの果物で、気になる
のは農薬・・・最近は、スプレータイプの
野菜洗いを使っています。中にアルカリ水
が入っているらしいです。
もっとも、スプレーしたところで「落ちた!」
と実感できるわけではありませんが。

やっと型から外しても崩れないタルト台が
できて嬉しい。

うんまか!かごんま

カテゴリ:

先週、宮崎の翌日に
鹿児島も行きました。鹿児島は2度目。
前に行ったときは妊婦でした。桜島が
雪をかぶった寒い日に、うろうろしたの
を覚えています。

そのときに食べられなかったものを
味わいたくて、天文館通をうろうろ・・・
ありました。
mujaki
天文館むじゃき
”むじゃき”っていう古い喫茶店が、ちんまりと
存在しているのだと思っていました。
実際の”むじゃき”はビル。1階が喫茶、2階は
レストラン”Mujyaki”、3階は鹿児島料理が
味わえる”むじゃき亭”、地下は鉄板焼き屋・・・
大阪で言う『くいだおれ』みたいなものかな。

かき氷”白熊”を味わうにも、喫茶店が大行列。
店頭でテイクアウト用を注文しました。
shirokuma
写真では分からないのですが、
テイクアウト用はカップの形がユニーク。
アイスクリームのように、片手で
持ち運べる形になっています。

これまでそれほど惹かれなかった白熊
でしたが、現地のお店のはふわふわの
氷にさっぱりしたシロップが掛かっていて、
とてもおいしい。人気のあるのも納得!

食べる前、このお店への道程を
現地のボランティアガイドさんにうかがい
ました。混雑していたときのことも考えて、
「”むじゃき”以外で白熊のお店はあります
か?」と聞いてみたところ、
「すぐ近くに、”黄熊”のお店があります」
と教えてくれた。マンゴーのかき氷ですって。
黄熊。プーさんかいな。

最終日、鉄道ファンには有名な嘉例川駅へ。
kareigawa
100歳を超える古い駅舎が迎えてくれます
ここも有名になりすぎた?以前に来たとき
よりも小ぎれいになっていました。
人気のネコが一匹やってきて、駅舎で
用意されたごはんを食べ、満足したところ
で帰って行きました。”駅長”なのかな?

行った時間が実にタイミングよく、前
買えなかった駅弁が買えた!
equiben
「100年の旅物語かれい川」
帰りの新幹線で食べました。

地元の食材を使った、やさしい味のお弁当。
サツマイモなどの野菜をつかった
ガネ と呼ばれるかき揚げが入って
います。駅舎では、このかき揚げだけ
単品で別途売られていました。

時間がなくて断念したのが、これ↓
cafetram
コーヒーが飲める路面電車”カフェトラム”。
かわいい外観!車内もカフェ仕様に
なっていました。
連休などに、イベントの一つとして運行される
ようです。次は絶対乗る~。

鹿児島の人の多さにも驚いた。日本語も
それ以外のことばもたくさん聞こえてきました。
市役所には、「”西郷どん”2018NHK大河ドラマ
放送決定!」の垂れ幕。
観光客、ますます増えそうです。

このページのトップヘ

見出し画像
×